ガソリンスタンド会社経理の女6200万円横領で追起訴/大分

日田市のガソリンスタンド経営会社で、売上金を着服し、逮捕・起訴されていた女が、さらに6200万円を着服していたとして追送検されました。

業務上横領の疑いで追起訴されたのは日田市高瀬の無職・森山恵都子被告(47)です。





森山被告は2016年6月から2017年5月にかけて、経理として働いていた日田石油販売で、売上金6200万円を自分や他人名義の複数の口座におよそ400回にわたって振り込み、着服していた疑いが持たれています。

警察の調べに対して、容疑を認めているということです。

森山被告は今年7月、2016年5月に340万円を着服していたとして起訴されていました。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。