波照間島でシュノーケリングをしていた女性が死亡/沖縄

30日午後、波照間島のビーチでシュノーケリングをしていた女性が行方不明となり、発見されましたが死亡が確認されました。





死亡が確認されたのは、奈良県から家族で観光で訪れていた、尾崎加代さん(55)です。

尾崎さんは家族と一緒にシュノーケリングをしていましたが、姿が見えなくなり、沖合1.5キロで仰向けに浮かんでいるのを発見されました。
発見時にライフジャケットを着用していなかったということです。

海上保安部では事故の詳しい状況や原因を調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。