垂水市の職員が個人情報を漏えい/鹿児島

垂水市は男性職員が業務で知った個人情報を第三者に漏らしたとして、30日付けで停職1か月の懲戒処分としました。
懲戒処分を受けたのは、垂水市の市長部局に所属する副主幹の40代の男性職員です。








職員は昨年度、業務で知った女性の個人情報を第三者に漏らしていました。個人情報を漏らされていた女性が市に通報し、発覚しました。
市の調べに対して、男性職員は個人情報の漏洩を認めていて、反省をしているということです。

また、男性職員の懲戒処分と合わせて当時の上司2人についても訓告処分としています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。