徳之島で高校生が車にはねられ重体/鹿児島

31日午前4時40分ごろ、鹿児島県徳之島町の県道で、男子高校生が軽乗用車にはねられ、意識不明の重体となっています。








事故があったのは31日午前4時40分ごろ、徳之島町亀津の県道で、町内に住む男子高校生(18)が、軽乗用車にはねられました。
一緒にいた知人が事故に気づいて通報、病院に搬送されましたが頭などを強く打ち、意識不明の重体となっています。

警察の調べによりますと、軽乗用車を運転していた会社員の男性(40)が「男子高校生が道路に横になっているところをはねた」と話しているということです。

現場は片側1車線の信号や横断歩道のない、見通しのいい直線道路で、警察は会社員の男性や高校生の知人の話を聞いて、事故の詳しい状況を調べるとしています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。