2日連続で博多区で道路が陥没/福岡

30日午前、福岡市博多区の住吉交差点付近で、道路の一部がくぼんでいるのが見つかり、一時通行規制が行われました。
穴は直径10センチ、深さ8センチほどでした。けが人などは出ておらず、通行規制も午後0時40分に解除されました。





現場は「こくてつ通り」と「住吉宮前通り」が交わる交差点で、交通量の多い場所です。
29日には、今回の現場から、こくてつ通りを南東へ約100メートルの地点でも道路が陥没し、深さ約2.2メートルの穴ができていました。

今回の陥没の原因として、地下水の変化の影響が考えられています。

ニュースの動画

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。