船から落ちた男性無人島で救助される/福岡

29日午前6時40分ごろ、福岡市東区の志賀島に近い無人島の端島で、男性が手を振っているのを近くを通った漁船が発見し、福岡海上保安部が救助しました。

救助されたのは、福岡市東区の会社員・副島久昭さん(53)です。





副島さんは27日午後8時、博多港と志賀島を結ぶ、市営渡船「きんいん」に乗船。夜景を撮ろうと身を乗り出した際に海に転落したということです。
自力で泳いで端島にたどり着きましたが、携帯電話を落としていたため、連絡できず近くを通る船に助けを求めていましたが、気づかれませんでした。

市によると、乗客の数は乗船時と下船時に乗船券点検で確認することになっていますが、今回の転落には気づいていなかったということです。
管理体制に問題がなかったか調査中です。

ニュースの動画

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。