86歳女性がトラックにはねられ重体/佐賀

28日正午、多久市の国道で86歳の女性がトラックにはねられ、意識不明の重体となっています。

事故があったのは、多久市北多久町の国道203号で、近くに住む弥冨扶佐子さんが横断歩道を歩いて渡っていたところ、中型トラックにはねられました。
弥冨さんは顔などを強く打ち、意識不明の重体です。

警察はトラックを運転していた小城市の会社員・古賀正美容疑者(69)を過失運転致傷の疑いで逮捕しました。
古賀容疑者は容疑を認めているということです。


現場は見通しのいいほぼ直線の道路ですが、信号機はありませんでした。警察では事故の詳しい原因を調べています。

ニュースの動画

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。