東九州自動車道のトンネル内で事故/大分

28日午前1時ごろ、別府市の東九州自動車道のトンネルで乗用車が壁に衝突し、運転していた男性が死亡しました。
東九州自動車道と大分道の下り線の一部区間が通行止めになっていましたが、9時間半後に解消されました。





28日午前1時ごろ、別府市の東九州自動車道の下り線、扇山トンネル内で乗用車が消火栓に接触した後、トンネルの壁に衝突し横転しました。
この事故で、車を運転していた中津市大悟法の小野真司さん(38)が車の外に投げ出され、全身を強く打ち、意識不明の重体でしたがおよそ1時間半後に死亡が確認されました。

警察は事故の詳しい状況などを調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。