毒キノコを食べて男性が食中毒/大分

由布市で毒キノコの一種を食べた男性が食中毒の症状を訴えていることがわかり、県では注意を呼びかけています。


食中毒の症状を訴えているのは玖珠町に住む50代の男性です。

男性は26日に由布市の男池周辺で採取したキノコを味噌汁に入れ、27日朝に食べました。
その後、嘔吐や腹痛など食中毒の症状が出たため、病院を受診しました。

男性が食べたキノコは「ツキヨタケ」で、「ヒラタケ」と間違えて食べていたということです。

県では確実に食用のキノコであるとわかっている場合以外は食べないように呼びかけています。
また、きのこを食べて異常を感じた場合はすぐに医療機関を受診することなど注意を呼びかけています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。