知人女性に乱暴をした疑いの医師逮捕/福岡

20代の知人女性を自宅に連れ込んで乱暴し、けがを負わせたとして、医師の男が逮捕されました。

性的暴行をするなどしたわいせつ略取と監禁、強制性交等致傷で逮捕されたのは、福岡記念病院に勤める福岡市早良区の整形外科医・森永孝史容疑者(31)です。

警察によりますと森永容疑者は、今年5月27日午後9時25分ごろ、自宅マンションに知人の女性を引きずるなどして無理矢理連れ込んだうえ、約2時間監禁し、性的暴行をした疑いが持たれています。

森永容疑者はベッドに女性を投げ飛ばすなどしたため、女性は左膝を脱臼するなどの全治3か月のけがをしています。





警察の取り調べに対して、合意の上だったとして、容疑を否認しているということです。
警察は当時の状況を詳しく調べています。

ニュースの動画

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。