マンションで火事 1人暮らしの男性死亡/福岡

27日午前8時、福岡市南区のマンションで、1室が燃ける火事があり、室内から男性1人が遺体で発見されました。

27日午前8時15分ごろ、福岡市南区野間のマンションの2階の1室でから煙が出ていると部屋を訪れた介護ヘルパーから通報がありました。

消防が駆けつけたときには火はほぼ消えていましたが、台所の電磁調理器と周囲の壁およそ1平方メートルが焼け、車椅子に座っていた男性が死亡しているのが発見されました。

介護ヘルパーが訪れたときには男性は既に亡くなっていて、火傷のあとや外傷がなく、一酸化炭素中毒で死亡した可能性があるとみられています。


この部屋には75歳の体の不自由な男性が1人で住んでいて、男性と火事の後から連絡が取れないため、この男性ではないかとみて身元の確認を進めています。
警察と消防では火事の原因と男性の死因について調べています。

ニュースの動画

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。