代行運転手が酒を飲んで運転/福岡

24日、代行運転の運転手が、酒を飲んだ状態で車を運転していたとして酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、福岡県筑紫野市の舞山俊幸容疑者(53)です。




舞山容疑者は24日午後9時40分ごろ、春日市で酒を飲んだ状態で客の軽乗用車を運転した疑いが持たれています。
客2人を後部座席に乗せて、自宅まで送る途中、民家の壁に車体をこする事故を起こしました。

駆けつけた警察が舞山容疑者から酒の臭いを感じ、調べたところ呼気から基準値の8倍を超えるアルコールが検出されました。
乗っていた客にけがはありませんでした。

調べに対して昼間に自宅で焼酎と酎ハイを2杯ずつ飲んだと話していて、容疑を認めています。
警察は運転代行業者にも話を聞き、管理に不備がなかったかなど調べることにしています。

ニュースの動画

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。