高速で横転、追突された男性死亡/宮崎

22日午後5時半ごろ、宮崎自動車道でガードレールに衝突した車に後ろから走ってきた車が追突する事故がありました。
この事故で、男性1人が死亡したほか、2人が大けがをしました。

22日午後5時半ごろ、えびの市西長江浦の宮崎自動車道上り線で、普通乗用車が道路左側のガードレールに衝突し、横転しました。
その後、後ろから走ってきた車に追突され、横転した車を運転していた、東京都世田谷区の青木大祐さん(35)が頭を強く打ち、病院に搬送されましたが死亡が確認されました。
また、同じ車に乗っていた、青木さんの妻(33)と、友人の男性(34)が手首の骨を折るなどの大けがをしました。


追突した車に乗っていた5人にけがはありませんでした。

現場は片側2車線のほぼ直線の道路です。警察は詳しい事故の原因について調べています。
この事故の影響で、宮崎自動車道の上り線の現場付近ではおよそ3時間半の通行規制がされていました。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。