紛失していた個人情報資料を発見/長崎

長崎県は21日、秘書課の男性係長が紛失していた県知事や議員などの個人情報を含む資料が見つかったと発表しました。

県職員が酔っ払って個人情報を紛失/長崎

2018年8月18日
係長は10日に飲酒後、ベンチで居眠りをして、目が覚めた時にはなくなっていました。紛失に気づいた係長は、警察に届け、17日に事態を公表しました。
その後、20日に警察から連絡があり、資料の入ったカバンを回収しました。


カバンはベンチの近くにあった飲食店の店主が店の横の階段に置いてあったのを発見、利用客の忘れ物として店舗で保管していました。
県は個人情報の流出はなかったとしています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。