睡眠薬を飲ませ現金を奪った少女逮捕/大分

大分市内のホテルで、出会い系アプリを通じて知り合った男性に薬を入れた飲み物を飲ませ現金を奪ったとして19歳の少女が逮捕されました。

警察によりますと、少女は8月5日、大分市内のホテルで出会い系アプリを通じて知り合った20歳の男性に睡眠導入剤を入れた飲み物を飲ませて昏睡状態にして、現金十数万円を奪った疑いが持たれています。
男性は飲み物を飲んだ後、眠気に襲われ眠ってしまったということです。起きた時に少女は部屋におらず、財布の中の現金がなくなっていました。


警察は防犯カメラの映像や、男性の証言から少女を割り出し、20日に逮捕しました。
少女は容疑を否認しているということです。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。