中学生が特急列車にはねられ死亡/佐賀

19日午後8時半ごろ、佐賀県武雄市のJR佐世保線の踏切で、中学2年生の男子生徒が特急列車にはねられ死亡しました。
乗客約70人にけがはありませんでした。




警察によりますと、19日午後8時半ごろ、JR佐世保線永尾ー三間坂駅間のぐみの木踏切で同市立中学2年の男性生徒が踏切内に進入し、佐世保発博多行きの特急みどり30号にはねられました。
男子生徒は全身を強く打ってその場で死亡が確認されました。

現場は遮断機と警報器が設置されていました。
警察は男子生徒の家族から話を聞くなどして詳しい状況を調べています。

事故の影響で、特急6本などを最大で約2時間40分の運行の遅れが発生し、約千人に影響がありました。

ニュースの動画


関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。