山笠から転落で重体/佐賀

16日午後9時45分ごろ、多久市北多久町で「多久山笠」に参加していた男性が山笠から転落し体を強く打ち、意識不明の重体となっています。




意識不明の重体なのは、多久市の会社員・小川三郎さん(38)です。小川さんは出番を終えた山笠を倉庫に収納しようとした際に頂上付近から落下したということです。
山笠は高さ約5メートルあります。

警察は詳しい転落の原因などを調べるとしています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。