素潜り中の男性が死亡/長崎

12日、長崎県新上五島町の仲知漁港付近で、男性が素潜り中に行方がわからなくなりました。




海上保安庁の潜水士の捜索が行われ、14日の午前9時50分ごろ、仲知小島沖の約200メートルの水中約28メートルの海底に沈んでいる男性を発見しました。
その後、新上五島署で死亡が確認されました。

死亡が確認されたのは、茨城県つくば市の会社員・加藤崚介さん(26)で、大学時代の後輩と五島を訪れ、素潜りを行っていました。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。