川遊び中の小2女児死亡/福岡

13日午後4時半ごろ、大野城市の御笠川で川遊びをしていた小学2年生の女の子が流されました。
女の子は通報を受けて駆けつけた消防に救助されましたが、搬送された病院で死亡が確認されました。




亡くなったのは大野城市の小学2年生・山本小晴ちゃん(7)で、中学1年生の姉と小学6年生の友だちと3人で川遊びをしていたということです。
3人で遊んでいたところ、小晴さんの姿が見えなくなり、2人の話を聞いた通行人が通報をしました。

現場となったのは御笠川は川幅30メートルほどで、団地添いを流れています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。