県職員が飲酒運転でガードレールに衝突する事故/福岡

11日夜、福岡県職員の女が、飲酒運転でガードレールに衝突する事故を起こし逮捕されました。
酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、がん感染症対策課の44歳の女性職員です。


職員は11日午後11時ごろ、福岡市中央区の県道で、軽自動車を運転しガードレールに衝突する事故を起こしました。
通報を受けた警察が呼気を調べたところ、基準値の4倍のアルコールが検出されました。

職員は事故の1時間ほど前まで同僚らと居酒屋などで酒を飲んでいたとみられ、調べに対して容疑を認めているということです。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。