障害者施設が1億6千万円の不正受給/福岡

北九州市の社会福祉法人が運営する障害者施設が、給付金およそ1億6千万円を不正に受給していたことがわかりました。
北九州市によりますと、不正受給があったのは北九州市小倉南区の社会福祉法人「時優会」が運営する障害者施設です。

時優会は職員の数や、障害者の利用者数を多く申請するなどして、給付金およそ1億6千万円を不正に受給していたということです。
北九州市は加算金の4割を加えた2億2千万円を返還するよう時優会側に求めています。
また、各施設の事業者指定を取り消し、刑事告訴も視野にいれて、警察に相談しているということです。

ニュースの動画


関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。