北九州市で酒酔い運転で追突事故/福岡

6日、北九州市小倉北の交差点で、酒に酔った状態で車を運転し事故を起こしたとして、会社員の男が逮捕されました。
逮捕されたのは、自称会社員・大谷昭和容疑者(48)です。

警察によりますと、大谷容疑者は、6日午後8時ごろ、北九州市小倉北区の交差点で信号待ちのため停車していた乗用車に追突しました。
通報を受けた警察が、大谷容疑者から酒の匂いがしていたため調べたところ、基準値の8倍近くのアルコールが検出されました。

大谷容疑者はその場で酒酔い運転の容疑で現行犯逮捕されました。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。