平戸市で車同士が正面衝突する事故/長崎

4日午後10時半ごろ、平戸市の国道でワゴン車と乗用車が正面衝突する事故があり、ワゴン車を運転していた女性が死亡しました。

警察によりますと、4日の午後10時半ごろ、平戸市下中津良町の国道でワゴン車が中央車線をはみ出し、対向車線を走っていた乗用車と正面衝突しました。

この事故で、ワゴン車を運転していた保育士の江口幸子さん(37)が頭などを強く打ち、病院に搬送されましたが死亡が確認されました。
ワゴン車には江口さんの他に、長女(10)と三男(4)が乗っていましたが、軽傷でした。乗用車を運転していた男性も軽傷だったということです。

現場はゆるやかなカーブで、警察では詳しい事故の原因について調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。