西南学院大の管理職が1300万円を着服で諭旨退職処分/福岡

西南学院大は1日、出張旅費などを約1300万円を50代の事務職員の男性を諭旨退職処分にしたと発表しました。処分は昨年12月31日付に行っていましたが、その後も調査をしていたため、発表が遅くなったとしています。

大学によりますと、職員は、2011年10月から2017年10月の間、出張の際に申請する旅費を着服していました。他に、同窓会や地域の夏祭りなどで使用する景品として使用する商品券なども着服したということです。
会計課が昨年10月に不自然な処理を見つけ問題が発覚しました。職員は管理職で企画書の作成、予算の見積もりからチェックまでひとりで行っており、見抜くことができませんでした。

職員は「魔が差した」と話し着服を認め、返済を約束したため諭旨退職処分となりました。6月までに全額返済されたということです。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。