飲酒運転で事故を起こした消防署職員を免職処分/宮崎

宮崎市は31日、酒を飲んで車を運転し、事故を起こした職員を懲戒免職にしたと発表しました。懲戒免職になったのは、宮崎市北消防署の黒岩雅彦主査(45)です。

市によりますと、黒岩主査は6月17日、車を運転中に案内標識に衝突する事故を起こしたにもかかわらず、警察に申告しなかったとして逮捕されました。黒岩主査は事故の直前に酒を飲んでいて、事故を起こした後にも飲酒運転が発覚しないように自宅でウイスキーを飲んだということです。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。