伐採作業中に滑落 男性死亡/鹿児島

29日午前、阿久根市の山林で木の伐採作業をしていた男性が斜面を滑り落ち、亡くなりました。

死亡したのは、建設会社の社員・若松和成さん(49)です。

若松さんは、29日午前10時半ごろ、阿久根市山下の山林の斜面で同僚の男性と2人で木の伐採作業をしていた際、およそ10メートル下の林道まで滑り落ちたということです。

若松さんは病院に搬送されましたが、およそ4時間後に死亡が確認されました。

若松さんは、ヘルメットはかぶっていたものの、転落防止のベルトは身に着けていなかったということです。

警察が事故原因を詳しく調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です