都城で83歳の女性が軽自動車にはねられる/宮崎

30日朝、都城市の交差点で、横断歩道を歩いていた83歳の女性が右折してきた軽自動車にはねられ、搬送先の病院で死亡しました。警察は軽自動車を運転していた会社員の男を過失運転致死の容疑で逮捕しました。

事故があったのは都城市立野町の市道交差点で、午前8時ごろ、市内在住の83歳の女性が横断歩道を渡っていたところ軽自動車にはねられました。
女性は全身を強く打ち、意識不明の重体となっていましたが、病院に搬送後、死亡が確認されました。

警察は軽自動車を運転していた39歳の会社員の男を現行犯逮捕しました。
調べに対して、「左から走ってきた車に気を取られていた」と容疑を認めています。警察は事故の状況を詳しく調べることにしています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。