桜島フェリーが岸壁に衝突/鹿児島

28日午後、桜島港に入港していた桜島フェリーが岸壁に衝突する事故があり、乗客6人がけがをしました。鹿児島海上保安部と鹿児島市船舶局によりますと、28日午後1時40分ごろ、鹿児島港を出発した桜島フェリー「第十八櫻島丸」の先端が桜島港の岸壁の突き出た堤防部分に衝突しました。

フェリーには乗員乗客あわせて178人が乗っていて、このうち乗客の6人が軽いけがをしました。6人はぶつかった衝撃で階段から落ちるなどして打撲や捻挫をしたということで、5人が救急車で搬送されました。

事故当時、海上は穏やかだったということで、鹿児島海上保安部はフェリーの男性船長に事情を聞き、事故の原因を調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。