花火大会後に暴走行為の少年らを逮捕/福岡

去年8月、筑後川花火大会の後に、花火を打ち上げながらバイクで暴走した少年ら9人が27日までに逮捕されました。警察によりますと、当時16歳から19歳の少年8人と20歳の男は去年8月、久留米市でバイクや車など6台で信号無視などの集団暴走をした疑いが持たれています。
暴走は筑後川花火大会の後に行われ、花火を打ち上げ、交差点を走り回るなどしていました。

少年の1人は取り調べに対して、「暴走行為などから卒業しようと、最後に派手なことをしたかった」と話し、他の8人も容疑を認めています。

NQNews九州 LINEアカウントを開設しました

ぜひフォローしてください。 友だち追加

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。