唐津市職員が飲酒運転で逮捕/佐賀

酒を飲んで車を運転し、民家の石垣に衝突する事故を起こし、警察に届け出なかった唐津市職員の男性が逮捕されました。逮捕されたのは、唐津市保険年金課の職員・今仁康士郎容疑者(25)です。
警察によりますと、今仁容疑者は25日未明、唐津市坊主町の市道を酒を飲んで運転した上、民家の石垣にぶつかったにもかかわらず、すぐに警察に届け出なかったとして酒気帯び運転と事故不申告の疑いが持たれています。

事故現場から逃げたあと、数時間後に父親に連れられ唐津署に出頭しました。今仁容疑者からは呼気1リットル中0・42ミリグラムのアルコールが検出され、26日に逮捕されました。容疑を一部否認しているということです。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。