SNSで知り合った女子中学生にわいせつ行為の講師が免職処分/福岡

北九州市教育委員会は27日、当時14歳の女子中学生にわいせつな行為をした、門司区の市立小学校勤務の講師の男を免職処分としました。処分を受けたのは北九州市門司区の小学校勤務の23歳の講師の男です。

教え子の女子中学生とわいせつ行為の講師懲戒免職/福岡

2019年7月26日

教育委員会によりますと、講師は2017年9月、SNSで知り合った当時14歳の少女と県内のホテルでわいせつな行為をしました。
警察の取り調べを受けたことを勤務先の校長に報告したことから発覚しました。




講師は5月から6月にかけ、別の当時17歳の少女にもわいせつな行為をしていたとして、今月18日に県青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検されています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。