コンビニ強盗 21歳の男を逮捕/熊本

11日夜、熊本市中央区で発生したコンビニ強盗事件で、逃走していた男を緊急逮捕しました。警察発表によると、強盗の疑いで逮捕したのは、住所不定無職の下津和喜容疑者。

下津容疑者は、11日午後11時頃、熊本市中央区国府の「ファミリーマートJR新水前寺駅前店」に押し入り、レジカウンター越しに「金を出せ」と脅し、レジの中にあった現金約11万円を奪ったとする強盗の疑いがもたれています。

店員から110番通報があり、警察が緊急配備を敷き捜索した結果、およそ30分後現場から500メートルほど離れた住宅街を歩いている容疑者を発見。防犯カメラの映像などと照合し、12日午前7時40分、強盗容疑で緊急逮捕しました。

その後の警察の調べによると、下津容疑者は店に入るとすぐに商品棚からカッターナイフを強奪、店員を脅し金を奪い逃走。
犯行に使用したカッターナイフはカウンターに放置されていました。

奪った現金は見つかっておらず、「覚えてない」と容疑を否認しています。

現場はJR豊肥線の新水前寺駅近くのコンビニで交通量や人通りの多い場所。警察はさらに詳しく事情を聴いて動機やいきさつを調べています。

ニュースの動画


関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。