日本最大のプールエリアがハウステンボスにオープン/長崎(9月9日(日)まで)

ハウステンボスに『4大ウォーターパーク』と名づけられた日本最大のプールエリアがオープンします。期間は、2018年6月30日(土)から9月9日(日)までです。


今回オープンした『4大ウォーターパーク』はWAIWAIビーチ・海キング・OASIS・森のプールの4つで、それぞれ異なるシチュエーションで作られています。

このうち今年新しく登場した「WAIWAIビーチ」は、さながら海にいるかのような真っ白な砂浜と、スリル満点のブーメランスライダー、約90mのウォーターロングスライダーなどが特徴です。


砂浜には海外ビーチをイメージしたフォトパネルが設置され、リゾート感を演出。小さなお子さま向けのプールもあり、ファミリーにおすすめです。

また、夜にはライトアップされたナイトプールに変身。花火開催日には観覧エリアとなり、プールで遊びながら、または砂浜でゆったりと花火を見ることができます。


海上ウォーターパーク「海キング」は、海上に設置されたアスレチックで、小学4年生から利用することができます。
すべり台やジャングルジムなど、約70種類のアイテムが用意されています。トランポリンで跳び跳ねたり、高さ3mからダイブしたり、どれもスリル満点の体験ができます。


ガーデンプール「OASIS」は16才以上から利用できる、大人向けのプールです。ゆっくりリラックスしたい方におすすめです。
こちらも夜はナイトプールとなり、約45,000個のピンポン玉が浮かべられ、美しいマッピング映像が楽しめます。

また、バブルマシーンの設置された「泡プール」も登場し、思い切り遊ぶこともできます。


7月14日からのオープンとなる「森のプール」は室内型で、日焼けの心配が少なく、雨でも利用することができるプールです。ホテルアムステルダムやホテルヨーロッパに宿泊していると、お得な料金で利用することができます。

ますます楽しみの増えたハウステンボスのウォーターパーク。家族や友達同士で、夏の思い出を作りませんか。

動画で見る


公式サイト


夏のハウステンボス

(画像はハウステンボス公式サイトおよびプレスリリースより)

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。