偽手形提出し訴訟の疑いの70歳男性再逮捕/福岡

7月10日、福岡市の日隈助一容疑者(70)が、虚偽記入有価証券行使と詐欺未遂の疑いで逮捕されました。日隈容疑者は、被害者の男性の亡くなった父親や鳩山邦夫元総務大臣などの署名などを偽造し、2017年4月、被害者男性や久留米市の女性役員会社役員に対し、50億円の約束手形の支払いを求める訴訟を起こしました。この訴えは今年2月に裁判所から棄却されたため、詐欺未遂となっています。

日隈容疑者は「手形が虚偽というのは知らなかった」と容疑を否認しているものの、同容疑者の自宅からは、偽造に使われたとみられる印鑑などが押収されています。
同容疑者は今年5月、この偽造した手形を銀行に提出したとして、虚偽記入有価証券行使の疑いでも逮捕されています。

ニュースの動画


関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。