官製談合で鞍手町長ら逮捕/福岡

9日、福岡県鞍手町町長の徳島真次容疑者(58)が、官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕されました。徳島容疑者は、同町の下水道業務の入札に絡んで、入札情報を漏らした疑いです。

業務を受注した北九州市のコンサルタント会社「日興コンサルタント」社員で元同町議の福本博文(59)=同町室木=容疑者と、「太平設計」役員の池田啓幸(57)=同県遠賀町若松=の両容疑者も両容疑で逮捕されました。容疑者の認否はいずれも明らかにされていません。

徳島容疑者は、2015年7月に同町が発注した下水道事業2県の指名競争入札の際、福本容疑者に予定価格や最低制限価格を漏らし、2社に落札させた疑いがもたれています。
2件の入札は、日興コンサルタントが1402万4千円、太平設計が1945万円で落札し、いずれも最低制限価格に近い価格でした。

町長である徳島容疑者が入札価格を決める権限を持っていた模様です。

ニュースの動画


関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。