横転事故で同乗者放置して逃走 男を逮捕/福岡

今月15日、飯塚市で事故を起こし同乗していた女子高校生にけがをさせたにも関わらず、放置し逃走したとして、男が逮捕されました。

逮捕されたのは、自称・車両転売業の石田泰士容疑者(21)です。

石田容疑者は、15日午前4時ごろ、飯塚市柏の森の交差点で横転事故を起こし、同乗していた16歳の女子高校生にけがをさせたにも関わらず、女子高校生と車を放置し逃走した疑いがもたれています。

事故当時、石田容疑者はスピード違反の疑いで警察に追跡されていたということです。

警察の取り調べに対し、石田容疑者は、「事故は認めるが女の子がけがをしたのは知らなかった」と容疑を一部否認しています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です