佐賀銀行侵入事件 共犯の男2人起訴/福岡

去年、福岡市内にある佐賀銀行の支店に、窃盗目的で男らが侵入した事件で、新たに指示役とみられる男ら2人が建造物侵入の罪で起訴されました。

起訴されたのは、住所不定、無職の猿渡丈広被告ら2人です。


猿渡被告らは去年8月、佐賀銀行の箱崎支店に窃盗目的で侵入した罪に問われています。

この事件では、すでに別の男3人が起訴されており、また、去年10月に佐賀銀行干隈支店で5千400万円余りが盗まれた事件では、元行員の男が窃盗罪で起訴されています。

警察は、猿渡被告がこの2つの事件において、主導的な立場で関わっているとみて、捜査を進めています。

Twitterの反応

佐賀銀行元行員を窃盗で追起訴/福岡

2017.02.16



関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です