賭け麻雀で辞職の飯塚市長選告示/福岡

前市長が職務中に賭けマージャンをしていたことが発覚し辞職した、福岡県飯塚市の市長選が19日に告示されました。
届け出たのは、弁護士の小宮学氏(61)=共産党推薦、前市教育長の片峰誠氏(60)=自民・公明・民進推薦、元市議の小幡俊之氏(59)=無所属の3名で、いずれも新人です。

飯塚市は昨年12月に、前市長の斉藤守史(68)と副市長の田中秀哲(69)が平日の日中に、市庁舎を離れて賭けマージャンをしていた問題が発覚しました。市民からの猛烈な抗議が殺到したことで、1月11日に両氏ともに辞職を表明し、同月31日付で辞職しました。

投開票は26日に行われます。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です