台湾人観光客が九州自動車道で事故/熊本

11日午後7時50分ごろ、宇城市小川町南小野の九州自動車道下り線で、台湾人観光客男女4人が乗ったレンタカーが道路左側のコンクリート壁に衝突しました。

後部座席の大学院生徐子惠[しゅうずふぃ]さん(27)が頭を強く打ち、約18時間後に死亡し、助手席と後部座席の男性2人が軽傷を負いました。

県警高速隊は12日、自動車運転処罰法(過失致死傷)の疑いで、乗用車を運転していた看護師楊斯羽[やんすゆ]容疑者(25)を逮捕しました。高速隊によると、現場は松橋インターチェンジの南約5キロで、片側2車線の緩やかな左カーブになっています。楊容疑者は、乗用車の左側面を高架橋の壁にぶつけた模様です。

ニュースの動画

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です