福岡県内で飲酒運転相次ぐ 基準値5倍超のアルコール検出/福岡

14日未明、福岡県内で飲酒運転が相次ぎ、男2人が逮捕されました。

14日午前0時半ごろ、福岡市南区井尻の交差点で、停車中の車が突然バックして後ろに止まっていた車に衝突する事故がありました。

駆け付けた警察が、運転していた会社員の男(41)の呼気を調べたところ、基準値の5倍を超えるアルコールが検出されたため、男を酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。男は容疑を認めているということです。

一方、東区では基準値の5倍を超えるアルコールが検出されたとして、自称飲食店従業員の男(43)が酒気帯び運転の現行犯で逮捕されました。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です