診断書を偽造し欠勤していた県職員を懲戒処分/佐賀

佐賀県は19日、診断書を偽造して申請し、62日間欠勤したとして県土整備部下水道課の男性職員(23)を懲戒処分を行ったと発表しました。
有印私文書偽造・同行使にあたるとして同日付で佐賀署に告発、受理されました。




男性職員は、9通の診断書を偽造し、平成28年2月から9月までの間の計95日について、病気休暇を不正に申請。
8月22日に上司が提出された診断書の内容等を不審に思い、病院に確認したところ診断書の偽造が発覚しました。

偽造が発覚した翌23日から別の病気と正式に診断され、病気休暇を取っていました。

病気休暇が認められないこととなり、95日のうち、勤務を要する日であった62日について、欠勤となりました。
欠勤分の給与52万円のうち、12万円は返納され、県は残りの40万円についての返還も求めています。




総務部長は「全職員に対して改めて綱紀粛正と服務規律の徹底を図り、県民の皆様の信頼の回復に努めてまいります。」とコメントを出しています。

ニュースの動画




関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です