介護疲れで妻殺害 夫を殺人罪で起訴/佐賀

今月、鹿島市で妻の首を絞めて殺したとして、28日、夫を殺人の罪で起訴しました。

起訴されたのは、鹿島市納富分の無職・江口末秋被告(70)です。

江口被告は、今月7日夜から8日未明の間に、自宅で妻ヤス子さん(当時71)の首を電気の延長コードで絞めて窒息死させたとして、殺人の罪に問われています。

江口被告は、妻のヤス子さんをおよそ20年にわたり介護していましたが、介護に疲れ、ヤス子さんを殺して自殺しようと思ったということです。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です