6年前の乳児殺人事件 防犯カメラの映像を公開/熊本

6年前、岡市中央区のスーパーのトイレで乳児の遺体が見つかった事件で、警察は犯人とみられる女の映像を公開しました。

この事件は、2010年1月、福岡市中央区那の川の「サニー那の川店」の女子トイレで、生後間もない男の赤ちゃんの遺体がポリ袋に入れられて見つかったものです。

警察は28日朝、現場近くの駅で情報提供を求めるビラを配るとともに、赤ちゃんの母親とみられる容疑者の姿が写った店内の防犯カメラの映像を公開しました。

映像の女は、スーパー内のトイレで出産した赤ちゃんをその場で殺害し、その後、買い物をして立ち去ったとみられています。

事件から6年以上がたった現在も、有力な手掛かりはなく、警察は、「ささないなことでも知らせてほしい」と情報提供をよびかけています。


ニュースの動画

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です