キャバクラで売春容認 経営者の男を逮捕/大分

27日夜、大分市都町のキャバクラで、女性従業員が客と売春をすることを知りながら、個室を使用させていたとして、経営者の男が売春防止法違反の疑いで逮捕されました。

現行犯逮捕されたのは、大分市住吉町の風俗営業店経営、山本晃三容疑者です。

山本容疑者は大分市内都町のキャバクラで女性従業員が客を相手に売春することを知りながら、個室を使用させていた疑いが持たれています。

警察が、27日夕方店舗を家宅捜索に入り、山本容疑者を現行犯逮捕しました。

警察は、山本容疑者がいつから売春行為を容認していたかなどについて詳しく調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です