レジャー施設で寝泊まりしていた外国人逮捕/佐賀

佐賀北署は9日、入管難民法違反(不法残留)の疑いで、中国国籍の容疑者(59)を現行犯逮捕しました。


容疑者は短期滞在のビザで6月6日に日本に入国、在留期限の21日を過ぎても出国しなかった疑いが持たれています。
同署によると、佐賀市内のレジャー施設のソファで1週間程度寝泊まりしていたため、店が「不審な外国人が来訪している」と通報しました。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です