原付バイクが転倒男性重体/鹿児島

鹿屋市で9日午前、市道を走っていた原付バイクが転倒し、運転していた88歳の男性が意識不明の重体となっています。


鹿屋警察署によりますと、9日午前9時すぎ、鹿屋市串良町の市道で、原付バイクがセンターラインをはみ出し、対向車線側の側溝に前輪が落ちて転倒しました。

この事故で原付バイクを運転していた肝付町前田の無職、福園厚さん(88)が病院に運ばれましたが、意識不明の重体となっています。
警察が、当時の状況などを調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です