タコ釣りの男性遺体で発見/熊本

9日未明、タコ釣り漁に出て、行方不明になっていた82歳の男性が水死体で発見されました。



水死体で発見されたのは天草郡苓北町の農業・小野建さん(82)です。

警察によりますと、小野さんは8日午後4時ごろからタコ釣り漁に行くと自宅を出たまま行方が分からなくなっていて、家族から捜索願が出されていました。

その後、9日午前1時ごろ自宅近くの海岸の消波ブロック内で捜索していた消防隊員が小野さんを発見しました。
発見されたときには小野さんはすでに死亡していました。目立った外傷などはなく死亡の原因は水死と見られています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です