マダニ媒介の感染症で男性死亡/宮崎

宮崎県は3日、マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で県内の70代男性が死亡したと発表しました。



県によりますと、男性は7月下旬、発熱や下痢を訴え、入院し、その後死亡しました。
男性の身体にはダニに噛まれた後は確認できず、海外渡航歴もありませんでした。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です