信号待ちの男性をナイフで切りつけ/長崎

長崎県大浦署は3日、長崎市常盤町の路上でバイクで信号待ちをしていた男性(58)の首を小型ナイフで切りつけたとして、傷害の疑いでドイツ国籍のトビアス・グロス容疑者(24)を現行犯逮捕しました。



同署によりますと、男性は意識があり命に別状はないということです。トビアス容疑者はドイツからのツアーで長崎を訪れていて、被害者男性との間に面識はありませんでした。

逮捕容疑は午前2時50分ごろ、常葉町の路上でバイクで信号待ちをしていた男性の背後から小型の多機能ナイフで首を数回切りつけた疑いです。
近隣住民からの通報で警察官が駆けつけナイフを持っていたトビアス容疑者が逮捕されました。

事件と同時刻にトビアス容疑者の宿泊するホテルの部屋でぼやが起きており、関連を調べています。

長崎市のホテルでぼや 宿泊客避難/長崎

2017.08.03

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です