長崎市のホテルでぼや 宿泊客避難/長崎

3日午前3時ごろ、長崎市大浦町のホテルモントレ長崎の客室で、ゴミ箱の中が焼けるぼやがありました。スプリンクラーが作動して火は消えました。


宿泊客ら200人以上が一時避難しました。けが人はいませんでした。

消防によりますと、火元になった部屋には観光ツアーで訪れていたドイツ人男性2人が宿泊していましたが、警察や消防が着た際には無人でした。
ドイツ人男性のうちの1人はホテル近くの路上でバイクに乗っていた男性をナイフで切りつける事件を起こして現行犯逮捕されています。

信号待ちの男性をナイフで切りつけ/長崎

2017.08.03

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です